ご紹介!振袖に合う絞りの帯揚げ

こんにちは。およばれ衣装レンタル.comの団野です。
今日は、振袖に似合う帯揚げをご紹介したいと思います。

まず帯揚げとは・・・着物を着るときに使う補助的な布のことです。
帯の上に乗っている布地、それが帯揚げです。
振袖を着る時に使用する帯揚げは、帯部分の土台となる帯枕を包み隠し、帯全体をふんわりと形づくる役割があります。
一般的に総絞りといわれる華やかな帯揚げが多く、ふんわりと胸元でふくらみができるように結ばれます。


このように、無地の帯揚げだけでも色んな色があります。
こうやって並べて見ると、とってもカラフルですね。


こちらは、総絞りに刺繍で水玉がデザインされています。
みんなと少し差をつけたい!という時にオススメです。


同じ総絞りに刺繍がされていますが、こちらは可愛らしい薔薇のデザインです。
振袖の柄が薔薇だったり、洋風な柄の振袖に良く合います。


総絞りですが、絞り方で模様が浮き出ている帯揚げです。
派手になりすぎず、上品にまとまります。

同じ絞りの帯揚げといっても、色んな種類があって迷ってしまいますね。
およばれ衣装レンタル.comでは、帯揚げも着物や帯に合うようにコーディネートさせて頂いております。
ぜひ安心して好きな色や柄の振袖をお選びくださいね♪