振袖の着付けに必要な小物

こんにちは。およばれ衣装レンタル.comの団野です。
今日は振袖を着るときに必要な着付け小物をご紹介します。


足袋
着付けの時は、まず初めに足袋を履きます。
着物を着た後では、靴下のようには上手く履けないのでご注意を。


ワンピース肌着
肌襦袢や裾除けでもOKです。
長襦袢の下に着るものです。


衿芯
長襦袢の衿に入れます。
これがある事で、衿開きがピシッと綺麗に決まります!


腰ひも(3~4本)
長襦袢と着物、両方に使います。
無地のものやグラデーションのもの・・・色々ありますが、どれでも大丈夫です。


伊達締め(2枚)
着物と長襦袢の腰ひもの上に使います。
最近では、簡単に付けられる「マジックベルト」というものもあります。


ウエストベルト
着物を着るときに使います。
先程紹介した「腰ひも」でも大丈夫です。
ウエストベルトは伸縮性のあるゴム素材なので、体に楽々フィットします。


コーリンベルト
着物に使います。
衿や折り上げたおはしょりを押さえて着崩れしにくくしたり、着付け自体を楽にできるように補助する役目をしてくれます。
腰ひもでも代用は出来ますが、滑りの良い生地が多い振袖ではコーリンベルトの方が着付けがスムーズです。


前板
帯の下に使います。
前板がある事で、帯の表面がシワ無く綺麗になります。

帯枕

三重ひも
どちらも帯を結ぶときに使います。
三重ひもは袋帯の変わり結びをするときに使われる、ゴムが三本に重なったひもです。
三重ひもは無くても帯は結べますが、袋帯の帯結びを華やかにし、様々な変わり結びをするのにとても役立つアイテムです。

ここまで書いた私が言うのも何ですが・・・こんなに揃えるの、めっちゃ大変そうですやん!(笑)
およばれ衣装レンタル.comでは、もちろん!これらの小物もぜ~んぶセットに付いてますのでご安心くださいね♪
あとは、補正用にフェイスタオルを3~4本ご準備くださいませ。