紹介します!今人気の古典柄の振袖

こんにちは。
およばれ衣装レンタル.comの団野です。
今日は最近人気の古典柄の振袖をご紹介します。
 
 古典柄というのは、昔から日本人になじみのある桜や菊などの花や、扇や手毬などの優雅な文様が描かれた伝統的な柄のことです。
 流行に左右されることが無く、いつまでも上品に着ることが出来ます。
 ここからはその代表的な柄についてご紹介します。
 
 
まずは桜柄。
 流れるように描かれていたり、花びらが舞っている様な柄も可愛らしくて素敵です。
 
同じ桜柄でも、こんな風にベースの色が違うだけで雰囲気はガラリと変わります。
 桜は「春」のイメージが強いですが、新しいものごとが始まる象徴、おめでたさの象徴でもあるので、年中着ることができる柄のひとつでもあります。
 
 
続いては菊。
 菊は健康、長寿、子孫繁栄・・・等々、桜と同様おめでたさを象徴する柄です。
 菊の花弁を大きく長く描いた「乱菊」も素敵ですし、小さめの菊が沢山描かれているのも可愛いです。
 また、花の間に「毬」や「打出の小槌」が描かれているのも、よりおめでたさが増して良いですね。
 
最後に、とっても優雅な御所車なんてどうでしょう。
 私個人的には一番好きなモチーフなんです(笑)
 昔の乗り物なだけに、古典柄との相性もバッチリですね。
 
 このように、昔からおめでたいとされている花やモチーフの組み合わせで出来ている古典柄。
 お母様、お婆様受けも良いこと間違いなし!
 伝統的な大和撫子風コーデに、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪