振袖のかしこい選び方 およばれ衣装レンタル.com

HOME > 特設ページ > 振袖のかしこい選び方

振袖選びのポイント

せっかく着る振袖だから失敗しない振袖選びのポイントをお教えします。

大切な日に着るからこそ

人生の大切な日に着るのだから、素敵な振袖を着たいものです。
初めてだから選ぶコツが分からない方はまずは色から選んでみましょう。
色選びで大切なのは、自分の雰囲気に合うかどうかです。
肌の色が白い人は、淡い色のピンクや水色などのパステルカラーを選んだ方が映えますね。逆に、肌が褐色の人は青や紫などの色が落ち着き感を出せます。普通肌の人は成人式には赤の振袖を選ぶと合いますね。
また、成人式の振袖の色には意味があります。
赤は魔を払う、青は健康、白は穢れがないなどを意味します。
そういった意味も組み合わせて成人式に向けて自分に合う色を選ばれるといいですね。

選ぶポイントは柄!

振袖の多くには花模様が施されています。花にも色々あり、桜・梅・牡丹・藤などそれぞれ意味のある柄描かれています。
また、最近では洋花や抽象的な花も描かれていることが多くなってきました。
その柄の配置と身長の高さによって、よりその柄を活かすことができます。
例えば、背が低い人は柄が全体的に施されていると、背が小さく見えてしまいますね。上半身にはあまり柄がなく、下の方に花柄が施されている成人式の振袖を選ばれるといいでしょう。
そして、柄は小さい方が、よりトータルバランスが良く見えます。
背の高い人なら上半身にも花柄が多めなデザインでも格好よく着れます。花柄は大きめで大胆なデザインを選べば、よりスッキリと着られます。
個性を出したい人には大正ロマンなどのモダン柄をおススメします。
清楚でお嬢様風に見せたい人は、古典柄のアンティーク柄をおススメします。

体型で選んでみよう!

人それぞれ体格の違いというものがあります。 全体的にほっそりとしている人、肩幅が広くてガッチリとしている人などのさまざまです。
黒い服を着ると痩せて見えると言いますが、やはり、成人式の振袖でも同じことが言えます。
体がほっそりとした華奢な人が濃い目の色の振袖を選べば、やはり貧相なく見えてしまいます。細い人はピンクやイエローなどの明るめの色を選ばれることをおススメします。
ふくよかな人が淡い色を選ばれると太って見えてしまうので、黒や紫などの濃い目の色を選ぶのがポイントです。
また、柄もたくさん入っていると太って見えてしまうので、袖や裾あたりの部分にだけ柄が入っている成人式の振袖を選べば、ほっそりと見せることができます。中肉中背の人は赤などが合いますね。 まずは自分の全身を大きな鏡で見て、体格をチェックしてから選ぶのがポイントですね。