小物合わせのコツ およばれ衣装レンタル.com

HOME > 特設ページ > 小物合わせのコツ

はずさない!和装小物の合わせ方!

振袖を着るときに欠かせない小物合わせのポイントをお教えします。

着なれない振袖だからこそきちんとした小物を!!

振袖を、美しく着る・楽に着るためには 小物(帯〆・帯揚・重ね衿・草履バック・ショール等)の合わせ方で印象が変わります。
メイク、ヘアセットだけでなく小物合わせも振袖選びの大切なポイントになります。
また、着付け時には体型に合わせた補整をすることで、着崩れ防止にもなり見た目もきれいになります。

着付け用小物

1.足袋
 足のサイズに合ったものを選ぶ 。靴のサイズでお選びください。ただし甲が高い方や幅が広い方はのびる足袋をおすすめします。
ナイロン、テトロンはほこりを吸いやすいのできものの裾が汚れやすいです。 メーカーものを買えば少々高くても洗ったあとアイロンがけをすれば非常に長持ちします。
コハゼの数は4枚と5枚のものがあり、第一礼装(振袖・留袖)は5枚のものをオススメします。

2.和装ブラジャー
 襟元をきれいに保つためには着用をオススメします。なければ、スポーツブラでも代用がききます。
ワイヤー入りや胸を大きく見せるものは着物の下着としては不向きです。

3.肌着・裾除け
 ランジェリーとよばれる ワンピース型がおすすめです。
肌着と裾除けのセパレーツ型もありますが、それぞれに紐があり裾除けのつけ方にコツが必要です。振袖の裾から見えてはいけないので身長にあったものをお選びください。

4.半衿のおしゃれ
 半衿と足袋は「白にかぎる」派の方も多いです。一番汚れる足元、えり元に白をもってくる… 日本人の清潔好きの現れでしょう。
しかし近年では種類も豊富になっており振袖の半衿は特にゴージャスな刺繍半衿でセンスアップをされる方が多くなりました。

草履・バック

草履について
 草履は靴のように0.5cmのサイズ対応はありません。(花緒で調整してもらいます)
Sサイズ → 22.0まで LLサイズ → 25.0〜 フリーサイズ → 22.5〜24.5(Mサイズ Lサイズ)
草履の履き方
 花緒のつぼを足指で挟むようにして履くのですが、最近は親指の付け根迄履き込んでいますので、つぼの部分がゆったりめに据えられています。
踵が少し台より外に出るように履くと後ろがペタンペタンしないので泥ハネ防止になります。
最近の草履は小判型で花緒が裏別珍の太い物が主力になっていて履きやすく楽です。

バックについて
 第1礼装には裂地のものが正式ですが近年は皮製品も利用されています。
特にシャークは 和・用・夏・冬 オールマイティで一本あれば強い味方になってくれます。 かならずしも草履とハンドバックがお対(セット)になっていなくても大丈夫です。
カジュアル用には一本手の洋装用のものも持てますし袋物もいろいろあって自由に選べます。